単身赴任の夫に愛情と料理を送る!おすすめレシピ!

 

なんだかんだ言っても、

ほとんどのもがお金を出せば買える時代になりました。

愛情を込めて手料理を届けたくても、

市販品の冷凍食品も侮れないし、

おふくろの味を意識した食堂なども手強いです。

それでも、妻はがんばりたい!

ということで、今回は

「単身赴任の夫に愛情と料理を送る!おすすめレシピ(メニュー)!」と題して、

まごころを込めて記事をお届けします。

 

スポンサーリンク

おすすめレシピ(メニュー)

どうせなら、単身赴任のご主人が自分では作れないものを選びたいですよね。

食べたいけど自分で作るのは面倒、

惣菜屋さんで買うと割高で量が微妙、

そのあたりで考えてみてはいかがでしょうか。

例えば、こんな感じ。

ひじきの煮物、切り干し大根の煮物、

大豆の五目煮、おからの煮物、かぼちゃの煮物、

荒野豆腐の含め煮などです。

どれも小分けして冷凍できます。

野菜を避けがちのご主人には、ゆで野菜、

野菜の炒め物などを冷凍して送ってあげてください。

おすすめは、ハッシュドビーフ、ミネストローネ、

鮭のクリーム煮、チキンのクリーム煮です。

もっとメニューを増やしたい場合は、

市販の冷凍食品やレトルト食品にありそうでないものということで、

チェックしてみてください。

 

料理を送る際の注意点

 

スポンサードリンク

 

冷凍で食感が変わる例からの注意点

基本的にほとんどのおかずが冷凍してしまえます。

その点では、どんなメニューでも送るはできます。

しかし問題なのは、市販の冷凍食品の「冷凍技術」には勝てないところです。

どうしても、家庭用の冷凍庫では食感が変わってしまう食材がありますよね。

じゃがいも、ゆで卵、こんにゃく、大根などは食感が変わる。

じゃがいもは食感が変わるので、カレーやシチューは、

じゃがいもを入れないレシピにすることをおすすめします。

ゆで卵は、おでんにしての冷凍は不向きです。

そのままの形より、

サンドイッチにはさむような状態にしてから冷凍すると、

おいしく食べることができます。

タルタルソース風に味付けをしておくと、サンドイッチだけでなく、

トースト、サラダ、フライのトッピングに使えます。

こんにゃくの煮物の冷凍も、大根の煮物もの冷凍も、

おいしさが落ちてしまいます。

でも、裏技みたいな方法はあります。

こんにゃくは、こんにゃくの唐揚げにしてから冷凍するレシピがあります。

大根は大根おろしにして冷凍すると、食感が極端に変わることはありません。

 

餃子は、1つずつラップで包む。

餃子はまとめて冷凍すると、解凍がたいへんです。

バラバラになってしまう心配があります。

シューマイも同じですよね。

方法としては、1つずつラップで包んでから冷凍するか、

またはトレーに間隔をおいて並べて冷凍するかになります。

単身赴任のご主人に送るなら、1つずつラップで包むしかないですね。

餃子やシューマイのように、

解凍するとバラバラになるものは注意しましょう。

 

まとめ

調べてみてわかったのは、

食材によって適した冷凍方法があるとういうことでした。

単身赴任のご主人に送る料理は、ご主人が自分では作れないもの、

あるいは市販の冷凍食品やレトルト食品に

ありそうでないもので選びたいところです。

私からのおすすめは、ハッシュドビーフ、ミネストローネ、

鮭のクリーム煮、チキンのクリーム煮あたりです。

ひじきの煮物、切り干し大根の煮物、大豆の五目煮、

おからの煮物、かぼちゃの煮物、荒野豆腐の含め煮などは

小分けして冷凍すると喜ばれると思います。

単身赴任のご主人のために愛情のこもったお料理を送ってあげてくださいね。