単身赴任の寂しさを解消して絆を深めよう!

 

今回のテーマは「単身赴任の寂しさを解消して絆を深めよう」です。

単身先の夫にとっても、家を守る妻にとっても、

「単身赴任」は不安がつきまといます。

夫は、慣れない土地、慣れない環境での生活になります。

妻は男手のない中で、

子供たちを育てる生活が始まります。

家族そろって赴任地に引っ越しができる場合は問題ないのですが、

子供たちにとっては

学校を転校しなければいけないという現実があります。

また、最近は妻(女性)も仕事をしているケースが多いので

簡単ではありません。

 

このページでは、

寂しさを解消するための積極的な方法を探っていきます

1つ目は「単身赴任を利用しよう!」

2つ目は「夫婦のコミュニケーションを取ろう!」でお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

単身赴任を利用しよう!

単身赴任の男性で寂しさから心配されるのは、

「うつ病になってしまう」「何かにお金を使って浪費してしまう」

「最悪は浮気をしてしまう」です。

そう考えると「寂しいから妻に会いたい」というのは健全なことですよね。

週に1回、あるいは月に1回くらい、

単身赴任先から家族のもとへ帰ることができるなら、

会えなかった時間の分だけ家族に愛情を注ぐというのが理想です。

家に帰る時は、家族とのデートの時間です。

単身赴任を利用するくらいの気持ちで、

家族と会える時間を大切にしましょう。

 

夫婦のコミュニケーションを取ろう!

 

スポンサードリンク

 

寂しさが芽生えた時に解消する方法としては、

気持ちを紛らすために何かを始めるか、

夫婦のコミュニケーションをどのように増やすか

これらのどちらかになります。

子供たちがいっしょにいてくれる妻のほうは、

何かしら気持ちは紛れます。

問題は夫のほうです。

一人でいる寂しさを解消するには、

必要とされていると思えるかどうかにすべてがかかっています。

「自分なんかいなくても良い」と夫に思わせてしまうと危険です。

寂しい時は「お父さん」と呼びかけてもらえるだけでも、

ほっとするものです。

距離が離れていても、今は便利なツールがあります。

テレビ電話などを通して家族の笑顔を見られたら、夫は安心します。

夫婦のコミュニケーションを取るには、

妻の方から単身先に日帰り旅行デートをするつもりで

出かけるなどのイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

夫のほうは単身赴任先の土地での

デートスポットをチェックするなどしてみてください。

 

誕生日、バレンタインデー、ホワイトデー、

花見や子供たちの進級、ゴールデンウイーク、

母の日、父の日、お盆休み、などなど、毎月何か贈り物をするか、

いっしょに過ごすかのチャンスはあります。

コミュニケーションを取る時は、

積極的に演出するくらいがちょうどいいです。

 

まとめ

今回のテーマは、「単身赴任の寂しさを解消して絆を深めよう」でした。

寂しさを感じた時に、一番厄介なのは、

「自分は必要とされていない」と感じることです。

これは、誰もが通過する試練です。

放置しておくと、思わぬ落とし穴にはまって、

家族に亀裂ができてしまうかもしれません。

単身赴任という状況を利用して、会えない時間の分だけ、

家族で過ごせる時は愛情を注ぎましょう。

また、普段からテレビ電話などを使って声をかけるようにしましょう。

コミュニケーションは積極性が大事です。