新幹線を赤ちゃんと一緒に利用したい時移動は抱っこ紐だけで大丈夫?

 

旅行だったり帰省だったりと、

赤ちゃんを連れて新幹線に乗らないといけない、

という場面ってありますよね。

 

実家が遠くにあるママだと結構あると思います。

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時って、

抱っこ紐だけで大丈夫なのかな・・・?

と心配なママたちに、赤ちゃんと新幹線で移動する時のコツなど、

お教えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

新幹線で赤ちゃんとお出かけ抱っこ紐だけで大きな荷物を減らしたい!

 

抱っこ紐だけで大丈夫なのかな?

ベビーカーもあった方がいい?とお悩みのママさん。

もしもパパがいなくてママ1人で赤ちゃんと新幹線に乗るなら、

ベビーカーという大きな荷物は減らした方がラクです。

 

赤ちゃんと新幹線に乗る時には、

ママ自身の荷物に加えてオムツやおしりふきなど

赤ちゃんの荷物もありますから、

ベビーカーはどうしても邪魔になります。

 

各車両の一番前か一番後ろの座席を確保できれば、

座席と壁の間にベビーカーを畳んで置くこともできますが、

必ずしもその席がゲットできるとは限りません。

ママ1人での移動と想定した場合、

赤ちゃんを抱っこしてさらにベビーカーを持って

新幹線に乗り降りするのは大変ですし、

新幹線に乗るまでの駅構内の移動も面倒です。

 

ですから、新幹線で赤ちゃんと移動するときは、

抱っこ紐だけで行きましょう。

 

次に、赤ちゃんと長距離の移動をする時のコツをご紹介します。

 

赤ちゃんと一緒に新幹線や特急電車での長距離移動する時のコツ

 

スポンサードリンク
 

 

ここでは、赤ちゃんを連れて新幹線や特急電車で

長距離移動する時のコツを書いていきます。

 

指定席を取る

座席が確保できないとママも座れずに疲れてしまいますから、

指定席を予約しましょう。

万が一指定席が取れなかった場合、

早めにホームに並んで自由席を確保しましょう。

指定席を取る場合、オムツ交換ができる多目的トイレや、

授乳室として利用できる多目的室の近くを狙いましょう。

 

例えば東海道新幹線の場合、

11号車の後方に多目的トイレと多目的室がありますから、

11号車の後方や12号車の前方、

かつ通路側の座席がオススメです。

通路側にするのは、

赤ちゃんが泣きだしたりしたら

すぐにデッキに出られるようにするためです。

そのような席であれば、赤ちゃん連れのママが他にもいる率が高く、

少し気がラクになります。

なので、利用する鉄道の車内設備を事前にホームページでチェックして、

赤ちゃんと過ごしやすい座席を予約しておきましょう。

 

荷物は最小限に

赤ちゃんを抱っこして乗り降りしたりするには、

ベビーカーを持って行かないことはもちろん、

荷物をできるだけ少なく、身軽でいた方が良いです。

赤ちゃんとの移動中に必要な荷物以外はなるべく、

事前に宅配便で送っておきましょう。

 

また、赤ちゃんをデッキにあやしに行ったり、

オムツ替えで座席を離れる場合に貴重品を持ち歩けるように、

肩掛けなど両手が空く小さなバッグを持って行きましょう。

 

赤ちゃんに必要な荷物の用意

新幹線の多目的室は車掌さんにお願いすれば

授乳のために利用させてもらえますが、

体の不自由な人が優先なので、

多目的室が使えない場合に備えて授乳ケープを持参しましょう。

ミルクの人はミルクの用意を忘れずに。

その他、音の出ないおもちゃ、こぼれにくいおやつ、

水分の取れるものがあると良いでしょう。

 

お昼寝の時間に合わせて乗る

新幹線に乗る前にはお昼寝はさせずに、

お昼寝しそうな時間に合わせて乗ると、

心地良い振動でうまく赤ちゃんが寝てくれるかもしれません。

乗車前に駅でオムツ交換を済ませておくとさらにいいですね。

 

まとめ

 

ご紹介してきたように、いくつかのコツを押さえておけば、

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗るときでも、抱っこひもだけで大丈夫です。

是非、赤ちゃんと一緒に、身軽な新幹線旅行を楽しんでくださいね!