プロポーズのタイミング!遠距離恋愛は?一般的なタイミングはいつ?

 

今回の話題は、プロポーズのタイミングです。

男性から女性にプロポーズする場合のきっかけを探ってみました。

このページでは、

「プロポーズのタイミング!遠距離恋愛のカップルは?」

「プロポーズのタイミングは一般的にはいつ?」に分けてお伝えします。

 

スポンサーリンク

■ プロポーズのタイミング!遠距離恋愛のカップルは?

遠距離恋愛のカップルにとって、

最高のプロポーズのタイミングは「会ったとき」です。

ニ人で会うことができる、そのときは絶好のプロポーズチャンスです。

たまにしか会えない二人なので、

デートプランも特別にしてしまえます。

国内旅行や海外旅行もいいですよね。

ハワイでプロポーズとか。

 

旅行でなくても、プロポーズをしやすいレストランやホテルを選んでも、

たまにしか会えない二人なので、サプライズにしておけます。

気持ちが決まっているなら、

次に会える日をプロポーズする日にしましょう。

そして、結婚して遠距離恋愛を終わらせてください。

 

■ プロポーズのタイミングは一般的にはいつ?

 

スポンサードリンク

 

オーソドックスだけどロマンチックにプロポーズできるタイミングは、次の3通りです。

  1. 彼女の誕生日
  2. クリスマス
  3. 二人の記念日

彼女の誕生日は、サプライズでも指輪を贈りやすいですよね。

クリスマスは、「そろそろかなぁ」と

プロポーズしてもらえるのを待っている気持ちもあります。

 

二人の記念日は

「覚えてる?きょうは二人が初めて出会った日だよ」とか

「きょうは、つきあってくださいと告白した日だよね」などと

切り出しやすいです。

 

その他シーズンイベントの雰囲気を借りる場合のプロポーズのタイミングは、次の3通りです。

  1. ホワイトデー
  2. バレンタインデー
  3. いい夫婦の日(11月22日)

ホワイトデー、バレンタインデー、

いい夫婦の日にプロポーズするとしたら、彼女の誕生日、

クリスマス、二人の記念日を外した場合ですね。

 

現実的な事情を考えてプロポーズをするタイミングは、次の3通りです。

  1. 仕事が安定したころ
  2. 女性の年齢
  3. 親の病気
  4. 転勤が決まったとき
  5. 昇進が決まったとき

経済的に安定したとか、転勤で環境が変わるとか、

あるいは両親を安心させたい、女性の年齢と出産のリミットなど、

現実的な理由がプロポーズのタイミング

決定するケースもありますね。

現実的な事情ということでは、彼女が妊娠したときも入ります。

 

特別なパターン

  1. 二人の共通の友人または知人が結婚したとき。
  2. 誰かの結婚式に参加して感化されたとき。

結婚するタイミング、きっかけをつかめない場合は、

誰かが結婚したとか、誰かの結婚式に出席した時などもあります。

 

■ まとめ

遠距離恋愛のカップルにとって、

最高のプロポーズのタイミングは次に「会えるとき」です。

気持ちが固まっているなら、

次に会ったときにプロポーズしましょう。

 

一般的に理想とされているのは、彼女の誕生日、

クリスマス、ニ人の記念日です。

これらの日は、

彼女もプロポーズしてもらえるのを待っている可能性が高いです。

 

現実的なところでは、仕事が安定したころ、

女性の年齢を考えたとき、親の病気になったとき、

転勤が決まったとき、昇進が決まったときなどがあります。

これらのタイミングが訪れたら、

運命が背中を押していると考えて、

思い切ってプロポーズしましょう。