プランターの植え替えをする時土の処理はどうすればいいの?

 

今回は、プランターの植え替えする時の「古い土」です。

処分の仕方と再生方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

■ プランターや植木鉢から植え替え時に出る古い土の処分の仕方

それでは、「古い土をゴミとして処分する場合」

「土のリサイクルを推奨している自治体の例」

「公園に廃棄させてもらう場合」

「ホームセンターや園芸店に回収してもらう方法」

「土の回収ドットコムを利用する」を順番にお伝えします。

 

古い土をゴミとして処分する場合

自治体によって対応が違うので、その決まりに従ってください。

例えば、このような感じです。

  • 古い土を燃えないゴミとして回収してくれる自治体
  • 古い土はゴミではないとして、回収しない自治体
  • 少量であればOK、量が多い場合は回収しないという自治体

土のリサイクルを推奨している自治体の例

小学校や清掃事務所などで回収してくれる地域があります。

古い土を袋に入れて、指定の方法で指定場所に出します。

 

公園に廃棄させてもらう場合

公園に廃棄させてもらう場合は、自治体のホームページを確認しましょう。

公園管理の人に許可をもらう形になります。

 

ホームセンターなどに回収してもらう方法

口コミによると、ホームセンターによっては古い土を回収しているところがあるようです。

 

土の回収ドットコムを利用する

http://tsuti.com

 

回収キットを購入して、土を宅配便で送るシステムになっています。

 

■ プランターや植木鉢から植え替え時に出る古い土の再生方法

 

スポンサードリンク

 

古い土の再生方法は、「不純物を取り除く」

「ふるいにかけた土の消毒」

「消毒が終わった土に有機物を混ぜる」

「土に養分を補給する」

「前に育てたものと同じ科の植物を選ばない」の順番でお伝えしていきます。

 

不純物を取り除く

手順1

古い土を乾燥させておきます。

手順2

ふるいにかけます。取り除くのは、次のようなものです。

  • 害虫
  • 植物の根
  • 枯葉
  • 使用済みの肥料のかす

 

ふるいにかけた土の消毒(冬の場合)

手順1

桶(おけ)などに土を広げます。

手順2

土に熱湯をかけます。病原菌を退治になります。

手順3

屋外に置いてさらします。

手順4

2~3週間に1度かき混ぜてしっかり消毒します。

期間は、春までになります。

 

 

ふるいにかけた土の消毒(夏の場合)

手順1

桶(おけ)などに広げた土を水で湿らせます。

手順2

湿らせた土を黒いビニール袋に包んで直射日光に当てます。

手順3

1週間に1回、袋をひっくり返します。

手順4

土が乾いた場合は湿らせておきます。

期間は、3週間が目安(ひと夏)。

 

 

消毒が終わった土に有機物を混ぜる

消毒が終わった土は、堆肥や腐葉土、土のリサイクル材などを混ぜます。

有機物を混ぜる量は、古い土に対して半分ほどが目安です。

 

土に養分を補給する

古い土は、前に育てた植物が養分を吸収してしまっているので、

緩効性粒状肥料を混ぜ込みます。

 

前に育てたものと同じ「科」の植物を選ばない

連作することによって、

少しずつ生育不良となっていく現象を、連作障害と言います。

この連作障害を避けるには、

前に育てたものと同じ「科」の植物を選ばないほうが良いとされています。

 

■ まとめ

今回は、プランターの植え替えする時の「古い土」の処分の仕方

再生方法についてお伝えしました。

再生方法のほうは、一例を紹介しました。

専業農家の人たちや家庭菜園のベテランの人たちには、

それぞれ独自のやり方があります。