プレーリードッグの寿命は何年くらい?人間の何歳くらい?」

 

少し前に輸入禁止になり、

あまりペットショップで見かけなくなったプレーリードッグ。

国内繁殖された個体は値段が約20万円~ほどするので、

欲しい!と思ってもなかなか飼えるものではありません。

私も子供の頃に飼っていたので、いつかは!!と夢見ていますが^^

もし興味があり、これから飼いたいと思ってるなら、生態を知っておくことが大事です。

そこで今回は、プレーリードッグの寿命のことや、長生きさせる飼い方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■プレーリードッグの平均寿命野生とペットの差

 

初めにプレーリードッグとは、どんな動物なのか見ていきましょう。

日本で見かける事が多いのは、オグロプレーリードッグという種類です。

「オグロ」という名前のまま、尻尾が黒いんです^^

 

プレーリードッグは、ドッグとついていますが、犬ではなくリスの仲間です。

野生のすみかは広大な草原で、

一夫多妻制で複数の家族で1つのグループを作り、集団生活をしています。

この集団をコテリーと呼びます。

 

プレーリードッグは昼行性で、日中は地上に出て、夜は巣穴に戻って寝ています。

 

さて、野生とペットに寿命の差があるのはなぜでしょう?

まず、野生には飼育下にはいない「天敵」がいます。

プレーリードッグの天敵と言えば、タカやコヨーテ、そして蛇が代表です。

プレーリードッグは、巣穴の外で2本足でちょこんと立ち、敵がいないか見回りをします。

そして敵を見つけたら、「キャンキャン」や「キューン」と鳴き、

周囲にいる仲間に敵の存在を知らせます。

天敵が多いため、野生での平均寿命は約1年~3年と短命です。

 

一方、飼育下での寿命は約8年~10年ほどとなっています。

やはり天敵の存在は大きいみたいですね><

飼育下では、栄養面に配慮し健康に気を付けてあげましょう。

 

 

■プレーリードッグを長生きさせる飼い方

 

スポンサードリンク

 

プレーリードッグは、ストレスを溜め込んでしまうと「自咬症」と言って、

自分で自分を咬んで傷つけてしまいます

咬む力が強く、傷口からばい菌が入り、化膿するので、治療が必要になります。

なるべく広いケージで、ストレスなく育ててあげましょう。

 

野生化では、集団で暮らしているので、コミュニケ-ケーションは必須です!

とても懐っこい動物で、撫でられるのが大好きなんです^^

余裕があるなら、多頭飼いをおすすめします。

 

次は食事について。

プレーリードッグの食事は成分と栄養を重視して下さい。

ペットショップに行けば、

プレーリードッグ専用のペレットが販売してあると思います^^

固いペレットをあげると、歯の生えすぎを予防できます。

 

プレーリードッグは、高繊維低カロリーを心がけ、おやつのあげすぎは注意です!!

なぜなら、あげすぎは肝臓に負担をかけ、下痢や肥満などを招きます。

食べる姿が可愛いからと、たくさん与えてはいけません。

 

野生のプレーリードッグは、夏は約40度、冬は氷点下になるので、

暑さ寒さに強いと思われがちですが、実は温度の変化には敏感なんです。

なぜかというと、地面を掘った巣穴の中は、約15度と安定しているからです。

 

なので、特に気を付けないといけないのは冬です。

冬眠しない生き物ですが、気温が下がると仮死状態に陥ります。

これを防ぐには、暖房対策が大切です。

ペット用ヒーターや段ボールでケージを囲ったり、

牧草を増やしたりして、温かくしてあげて下さいね^^

 

 

まとめ

 

天敵がいない飼育下では、

人間が飼い方を気を付けてあげると、長生きさせることが出来ます。

なるべく病気ではなく、寿命で天寿を全うさせてあげたいですよね!!

たっぷりの愛情を注いで、可愛がってあげて下さい^^