お守りの効果っていつまであるの?お守りやお札の有効期限

 

今回の話題は、お守りの効果が上がる持ち方と有効期限が中心となります。

お守りに対する正しい考え方と言ったほうが良いかもしれません。

このページでは、「お守りの効果が上がる持ち方と有効期限」と

「お役目が終わったお守りやお札の正しい処分の仕方」をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

■ お守りの効果が上がる持ち方と有効期限

お守りの効果、たくさん持っていてもいいの?

お守りの効果が上がる持ち方では、はじめに整理しておきたいのは、

複数のお守りを持っていても良いのか?ということです。

 

一般的に言われるのは、「けんかする」というものです。

いったい誰と誰がけんかをするというのでしょうか?

例えば、神道と仏教、宗教の違い。

仏教の中でも宗派が違う。

同じ神社のお守りではない。

そういう心配をされているのだと思われます。

 

昔はどうだったのかはわかりませんが、

今の様子では「けんかはしない」という見解しか見当たりません。

 

お守りに対する考え方

お守りに対する考え方には、次にようなものがあります。

  • 神様と繋がるためのもの。
  • 肌身離さず持つ。
  • 感謝の気持ちを大切にする。
  • お守りはお土産品や記念品扱いをしない。

これらと、もう1つ言われるのは、

お守りは守ってもらうために持つものという考え方です。

願い事を叶えてもらうための道具ではないというものです。

しかし実際には、合格祈願、恋愛成就のお守りというのもあるので、

何とも言えないところです。

 

お守りの有効期限

お守りの有効期限は、神社では1年

新しい年には、新しいお守りにするというのが原則です

祈願の結果が出た時点で、お守りは返納しても良いとも言われています。

安全を守ってもらう、健康を守ってもらうためには、

初詣の時に、新しいお守りにしたほうが良いとのことです。

お寺の方では、期限がないと言われています。

 

■ お役目が終わったお守りやお札の正しい処分の仕方

 

スポンサードリンク

 

お守りとお札の違い

お守りとお札の違いを説明しておきます。

お守りは、個人を守るためのものです。

お札は、家全体を守るためのものです。

 

お守りの正しい処分の仕方

お守りの正しい処分の仕方は、お守りを授かった神社への返納です。

返納を受け付ける箱が設置されています。

返納する箱がない場合は、その神社に問い合わせてください。

授かったお守りがお寺のものである場合は、お焚きあげをしてもらいましょう。

 

お札の正しい処分の仕方

お札もお守りと同じで、返納を受け付ける箱があります。

お守りもお札も同じ箱です。

また、お守りと同様にお焚きあげをしてもらうこともできます。

 

■ まとめ

少し難しいお話になりますが、最後におつきあいください。

お守りとお札を持つ場合に、誰に守ってもらうのかということになると思います。

神社の場合は神様であるとはっきりしています。

お寺の場合は、仏教の宗派の考え方が違うのでひと言では言えません。

仏教の場合は、自らの修行で悟りを開くという考え方があるからです。

 

神様の場合は、人格がある。

神様にも心があるとしたらなら、お守りを大切にしていない人には

関心が向かないのではないでしょうか。

そういう訴えもあります。

 

仏教の場合は修行なので、お守りをどう扱うかも修行となるという考え方もできます。

感謝する気持ちや謙虚な気持ちを持ち続ける修行だとしたら、

やはりお守りは大切にするのが良いというわけです。

持っている時も、返納する時も心を大事にしましょう。