豆まきのかけ声!鬼は外ではないところもある!鬼は内福は外もある!

 

今回の話題は、豆まきのかけ声です。

皆さんのおうちでは「鬼は外!福は内!」ですか?

実は、豆まきのかけ声は「鬼は外」ではないところもあるんですよ。

さらに、「鬼は内!福は外!」とかけ声をするところもあるんです。

どこに?その理由は?ということで、

いくつかのお話をまとめました。

このページでは、「豆まきのかけ声!鬼は外ではないところもある」

「豆まきのかけ声には鬼は内!福は外!もある」の順番でお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

■ 豆まきのかけ声!鬼は外ではないところもある

豆まきのかけ声で「鬼は外」ではないところもあるのは、

「鬼は外」と言えない理由があるところです。

例えば、お寺や神社の場合は、鬼を祀っている場合もあれば、

鬼の像が奉納されているところもあるからです。

 

まずは、お寺や神社を見てみましょう。

奈良県奈良市にある「元興寺」では、「福は内、鬼は内」。

「鬼は内」とかけ声をするのは、

元興寺の言い伝えに理由があります。

それは、元興神(がごぜ)という鬼が悪者を退治するというものです。

つまり、鬼は大事な存在なのです。

 

東京都新宿区歌舞伎町の「稲荷鬼王神社」では、「福は内、鬼は内」。

こちらは、鬼王として「月夜見命」「大物主命」「天手力男命」の

三神が祀られているからです。

 

愛知県名古屋市の「大須観音」では、「福は内」のみ。

大須観音は、伊勢神宮の神様から授けられた鬼面がります。

それを寺宝としているため「鬼は外」は禁句となっています。

 

以上のように、全国各地に「鬼は外」と言えないお寺や神社があります。

 

苗字に鬼がついている家系

苗字に鬼がついている家系では、「鬼は外」と言わない風習が多いようです。

例えば、鬼がつく苗字には、鬼頭さん、鬼澤さん、鬼束さん、

九鬼さん、鬼川さんなどなど、たくさんありますよね。

お知り合いにいらっしゃったら、聞いてみてはいかがでしょうか。

 

■ 豆まきのかけ声には鬼は内!福は外!もある

 

スポンサードリンク

 

今度は、「福は外!」のお話です。

なぜ、福を追い出すのか? 調べてみると、面白いお話がありました。

「まんが日本昔ばなし」にも、「福は外!」と言うお話がありました。

「節分の鬼」というお話と「節分の福鬼」というお話です。

この2つは別のお話です。

「節分の鬼」は岩手県のお話で、

「節分の福鬼」は中村和三郎さんの「雪国の民話」が出典になっています。

山形県の「福は外、鬼は内」というお話は、

貧しい暮らしをしている夫婦が世間中から

豆をぶつけられている鬼をかわいそうに思って・・・とつづきます。

お寺の法話によると、浄土真宗では「豆まき」はしないとありました

そして、「鬼は内、福は外」の意味は難しいお話でした。

できるだけ、そのままの言葉でお伝えしておきます。

「鬼は内」の意味は、阿弥陀さまが常に煩悩に染まる凡夫の

私を抱き取ってくださっている心のあらわれ。

「福は外」の意味は、阿弥陀さまの慈悲のあたたかい心を凡夫である

私に差し向けて下さることを指す。

他にも、鬼は内!福は外!とかけ声をする神社やお寺はあるようです。

それぞれ、由来や意味、理由があるので、単純に逆さまにしたわけではないようです。

 

■ まとめ

今回お伝えした「豆まきのかけ声」以外にも、

「鬼は外」と言わないところ、

「鬼は内!福は外!」とかけ声をする民話があります。

紹介し切れないのが残念ですが、

ちゃんとした理由があることは確かなようです。

まんが日本昔ばなし」のお話は、

DVDなどでチェックしてみてください。

まんが日本昔ばなし BOX第2集 5枚組 [DVD]

新品価格
¥12,936から
(2018/12/21 17:15時点)