初彼岸の香典の相場は?

 

お彼岸には、お供え物以外に現金を包むことがあります。

多く包みすぎても、かえって気を遣わせるだけだし、

少なすぎるのもなぁと悩ませられます。

それに、どんな風に包めばいいの?表書きは??と、

分からないことがたくさんありませんか?

そこで今回は、初彼岸の香典の包み方や金額の相場をご紹介します。

参考にしてみて下さいね^^

 

 

スポンサーリンク

■香典の包み方

 

故人がなくなって初めて迎える彼岸を「初彼岸」といいます。

何か特別なことをするのかな?と思いますが、

いつもの彼岸とすることは同じなんです。

「初めてだから」と思う人は、

お花やお供え物を少し豪華にしてあげるのもいいかもしれません^^

 

ざっくり説明すると、

お墓と仏壇をきれいに掃除して、故人を敬い偲ぶ・・・。

これがお彼岸です。

 

さて、彼岸には義実家や実家に帰省する方も多いと思いますが、

手ぶらで行くわけにはいきませんよね^^;

 

故人へのお供え物はもちろん、実家への手土産も必要です。

 

故人へのお供え物は何がいいのかな?

これは、故人が生前好んだお菓子や食べ物がいいですね。

 

ちなみに私は、おじいちゃんが大好きだったチョコレートや栗をお供えしています^^

その後は子供達が頂きますが、子供達には

「じいちゃん!チョコレートちょうだいね!!」

と一言かけてから、食べさせてます。

 

あくまで故人へのお供え物なので、勝手に手をつけては怒られますから!!

親しき仲にも礼儀ありです^^

 

お供え物の他に、現金を包む場合もあります。

お彼岸は仏事なので、黒白か双銀の「結び切りの不祝儀袋」に入れます。

関西などでは、黄色の水引を使うこともあるようです。

結び切りを使うのは、二度と不幸が起こらないようにという意味があるからです。

 

表書きには、上段に「御仏前」か「御供物料」と書き、下段に名前を書きます。

 

お札をいれる際には、「四」や「九」といった死を連想させる数字や、

新札を避けてお札の向きを揃えるなどのマナーがあるので、注意しましょう!!

 

そして気になるのが金額の相場ですよね!!

詳しく見ていきましょう!

 

 

■初彼岸の香典の相場

 

スポンサードリンク

 

一般的には3000円~5000が相場です。

家にお坊さんを呼んでお経を唱えてもらうのなら、

5000円~10000円でも多くはないと思います。

 

ちなみに、私のおじいちゃんの時の話ですが、

孫は御供物料に5000円を包み、お供え物を持って行きました。

母や叔母達は、10000円を包み、お供え物を持ってきました。

お供え物といっても、帰り際にはみんなで分けるので、手土産の意味もあると思います。

香典には助け合いという意味もあると母に教わりましたが、

お坊さんにお布施を渡すので、

10000円を包んだと言っていました。

 

兄弟であらかじめ話し合っていたようで、

その方がスムーズに進むのでいいかもしれませんね^^

 

もちろん香典のみやお供え物のみでもいいと思いますが、

3000円を現金で、菓子折を2000円分のようにしても大丈夫です^^

  

彼岸は毎年やってくるので、あまり高い金額を包むと、相手にも気を遣わせてしまいます。

 

地域やその家の習慣があるので、下調べしておくと安心ですね!!

もしも、香典はいらないよ!と言われても、

気持ちとしてお供え物は持って行った方が挨拶もしやすいし、

大事に思っているということが伝わります。

 

 

まとめ

 

金額やお供え物は何にしようと悩みますが、

一番大事なのは「故人を偲ぶこと」だと思います。

家族が集まり、故人との思い出を楽しく語る。

そうすれば故人もきっと笑顔になるし、いつまでも忘れないよ!という気持ちが伝わります。

遠方で帰省できない方も、彼岸には故人が大好きだった物を送ってあげるといいですね!

思う気持ちを大切に・・・。