実用的な理由だった!?犬に防寒着は必要なのか?

 

防寒着を着ている犬(ワンちゃん)を見て、

「変だなぁ」と違和感を抱いたことはありませんか?

必要性はあるの? 飼い主の趣味? 過保護?

そんなふうに、はっきりしない気持ちで眺めている人も少なくないと思います。

 

今回は「犬を飼う様子が変わってきた(ペット事情)」

「なぜ、犬(ワンちゃん)に防寒着が必要なの?」という項目に分けてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

■ 犬を飼う様子が変わってきた(ペット事情)

 

かつては番犬ということで、

外に小屋を作って飼われているというのが主流でしたよね。

今は、部屋の中でともに過ごすというスタイルに変わってきています

マンションやアパートでも飼えるところが増えていますよね。

 

「犬を飼いたい」という理由も大きく変わってきています。

有名なタレントさんがテレビ番組やSNSの写真で紹介しているの見て、

珍しい犬(ワンちゃん)を飼いたくなるケースも少なくないようです。

 

また、ペットという言い方よりも、

愛犬あるいは家族という言い方が好まれるようにもなりました。

犬(ワンちゃん)が食べるものも、餌ではなく食事という言い方で、

病気にならないようなものを選んで、

注意を払うようになってきています。

 

愛犬に防寒着を着せているのを見て疑問に感じる理由としては、

毛が生えているから服なんか着せる必要はないのでは?

ということがあげられます。

飼い主さんの趣味で着せているなら、

「犬(ワンちゃん)がかわいそう」と思っている人も少なくないでしょう。

 

しかし、調べてみると犬(ワンちゃん)にも防寒着が必要な理由がありました

次の「なぜ、犬(ワンちゃん)に防寒着が必要なの?」にまと目ました。

どうやら、ファッション性だけではないようですよ。

 

■ なぜ、犬(ワンちゃん)に防寒着が必要なの?

 

スポンサードリンク

 

先ほどの「ともに部屋の中で過ごす」といことで選ばれるようになったのは、

毛が抜けにくい犬種です。

 

シングルコート(単毛)とダブルコート(二重毛)というのは

聞いたことがあるでしょうか? 

これは、被毛の形態の違いです。

 

抜け毛が少ないのは、シングルコートの犬(ワンちゃんです)。

抜け毛が少ないかわりに、寒さには弱いのです。

 

防寒着が必要な犬(ワンちゃん)は、シングルコートの犬種というわけです。

被毛の形態の違いは、毛の長さで決まるわけではありません。

柴犬、シベリアンハスキーのように、もじゃもじゃしていなくても、

ダブルコートという場合があるのです。

 

次にあげられる防寒着が必要な理由は、

原産国の違いです。

原産国が寒い地方なのか、暖かい地方なのか、それで違ってくるようです。

 

体が小さいから寒いだろうというのは、3番目くらいの理由になるみたいです。

大手の通販サイトを見てみると、

大型犬用のダウンコートやフリース生地の防寒具も販売されています。

 

調べてみてわかったことは、外に散歩に出かける時は、

防寒具を着せてあげたほうがい犬(ワンちゃん)もいるということです。

 

■ まとめ

 

シングルコートか、ダブルコートか、また原産国はどこなのか、

それらについては信頼のできるペットショップでお尋ねください。

インターネットの犬種情報でも確認することもできますよ。

 

気を付けたいのは、服を着せられるのを嫌がる犬(ワンちゃん)もいることです。

その場合は無理に散歩に連れ出すのではなく、温かい部屋で遊んであげてください。

寒さに弱い犬種ということに限らず、個性体(一匹一匹)を尊重することをおすすめします。