飛行機で授乳しやすい席は通路側?教えて!機内で授乳しやすい座席

 

授乳が必要な赤ちゃんを連れて飛行機に乗らないといけないときに、

授乳しやすい座席って、どこだと思いますか?

窓側?通路側?どちらにも良いところはあるので悩むところです。

今回は、ママと赤ちゃんの2人で飛行機に乗るときに、

どんな座席を選んだら良いか、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

授乳が必要な赤ちゃんと飛行機に乗る時に選ぶ座席は窓側より通路側

 

飛行機の中で赤ちゃんに授乳したいときには、

窓側の座席の方が周りから見られにくいのは確かだと思います。

ですが、通路側の座席にはそれを上回るメリットがあります。

まずは、赤ちゃんがぐずったり泣きだしたりしたときに、

すぐに通路に立って赤ちゃんをあやすことができます。

オムツ交換のためにトイレに行くときにも出やすいです。

 

窓側から、赤ちゃんを抱っこして隣の乗客の前を通るのは難儀ですし、

何度もとなると、ママも心苦しくなり気持ちが疲弊してしまいます。

CAさんに声をかけやすいのも通路側です。

ママがトイレに行きたいときなど、

手助けが欲しい時にCAさんに頼みやすいのは心強いですよね。

もし機内が空いていれば、

CAさんに頼んで授乳のために窓側の席を

借りることもできるかもしれません。

 

というわけで、赤ちゃんと乗るなら通路側の座席がオススメです。

フライト時間が長いほど、通路側が必須です。

ただし、授乳ケープは確実に持って行きましょう。

できれば、360度カバーできるポンチョタイプのケープが良いです。

授乳のタイミングは、離陸前からにすると耳抜きの効果があり、

赤ちゃんのぐずりを防げるかもしれません。

そのまま寝てくれるとさらに嬉しいですね。

 

機内で赤ちゃんと快適に過ごすために座席指定と予約の仕方

 

スポンサードリンク
 

 

赤ちゃんと飛行機に乗るときには、事前の座席指定は欠かせません。

通路側の座席がオススメなのは上で書いたとおりです。

あとは前方か後方か悩むところですが、

前方の席は乗り降りしやすいものの、

ビジネス利用の乗客も多く、

赤ちゃんが泣きだしたときの心苦しさが大きくなります。

 

後方は乗り降りに時間はかかりますが、

その分人気がないとも言えるので、

空いている可能性があります。

 

後方で、スクリーン前の座席が取れれば、

前の座席がないため少し広いですし、

赤ちゃんが前の座席を蹴ってしまう心配もありません。

後方スクリーン前の座席以外であれば、

いっそ最後尾の座席が良いでしょう。

 

予約の仕方については、

赤ちゃん連れの搭乗客へのサービスが充実していてオススメの、

JALとANAについてご紹介します。

 

JALとANA共に、ウェブサイトで航空券の予約と同時に、

機内のシートマップを見ながら座席を指定することができます。

航空券を予約する時に赤ちゃんの人数も入力します。

ちなみに、赤ちゃんを連れている場合、非常口座席は利用できません。

私たち家族はJALを利用することが多いのですが、

JALには「クラスJ」という、

普通席より少し広くてゆったりとした座席があり、

赤ちゃんを連れてクラスJを利用する場合には、

その後方座席が優先座席としてオススメされています。

 

いずれにしても、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときには、

早めに搭乗機のシートマップをチェックして、

赤ちゃんと快適に過ごせる座席を予約しましょう。

 

まとめ

 

授乳が必要な赤ちゃんと一緒に乗る飛行機、

不安もありますが、

通路側を狙って早めに良い席をゲットすれば大丈夫です!

授乳ケープを忘れず、赤ちゃんと飛行機を楽しみましょう!