母の日のカーネーション 鉢植えをプレゼントされた時知っておきたい育てるコツ

 

母の日と言えばカーネーション!

一輪でも花束でも不思議なもので、花をもらうと自然に笑顔になれますよね。

せっかくプレゼントしてくれたカーネーション、なるべくきれいに長く咲かせたい。

鉢植えを貰ったけど、育て方が分からなくて枯れてしまった。

など、育てるコツや失敗談などをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

■母の日にカーネーションの鉢植えをもらったら育て方を調べよう

みなさんは、なぜ母の日にカーネーションを贈るのか知っていますか?

母の日は、20世紀初め頃のアメリカに住んでいた一人の少女の、大好きだった母親が亡くなり、追悼するために母が好きだった白いカーネーションを身につけた事が始まりです。

最初は、白いカーネーションだったんですね!今では赤色が主流ですが、花言葉は「母への愛」まさに母の日にぴったりですね。

他にも色んな色のカーネーションがありますが、色によってネガティブな花言葉もあるので、事前に調べておくのもいいかもしれませんね。

さて、カーネーションを花束で貰った人は、花瓶に挿すだけでOKですが、鉢植えで貰うと何をどうしたら良いのか・・・。

きれいに保つコツがあるんです!

 

① 鉢植えを貰ったらラッピングは外す。

ラッピングをしたままだと、風通しや水はけも悪くなるので枯れてしまいます。

 

② 土を触ってみて乾いていたら、たっぷりの水を与える。

  • 水やりは花や蕾にかからないように行って下さい。
  • 水がかかると病気になります。
  • 水をあげたら、根腐れを防ぐために鉢底の水を捨てましょう。

 

③ 一回り大きめの鉢へ植え替えをする。

  • 鉢植えではたくさん花があるように見せるため、わざと小さな鉢に植えられています。
    なので、根っこもぎゅうぎゅうになっていて花の成長を妨げてしまうため、植え替えは必須です。
  • 一回り大きい鉢に植え替え、土の量も2~3倍に増やしてあげて下さい。

 

④ 鉢の置き場所は、季節や気温で変える

カーネーションは、日光が好きなので日当たりの良い所に置いて下さい。

しかし、暑すぎるのは苦手なので、花の様子をよく見てあげて下さいね。

植え替えも難しい作業ではないし、長持ちさせたいなら頑張りましょう!

きれいな花が長く咲いていると、あげた側も貰った側も気持ちいいですね♪

 

■カーネーションの鉢植えを貰ったのに枯れてしまった失敗談

 

スポンサードリンク

母になると、一度は貰ったことのあるカーネーション。

よくテレビドラマで、お母さんが花壇の手入れをしていたり、部屋に花瓶を飾ったりしてますよね。

とっても憧れます。

 

私も、きれいな花壇を目指していて時がありました!

しかし、いざカーネーションを貰った時に、全くどうしていいか分からない。

私が初めてカーネーションを貰った時、今みたいにスマホではなくネットもあまり普及していなかった。

 

なので無知な私は、

  • 鉢植えを貰う
  • ラッピングはしていた方が可愛いし、嬉しいので外さない
  • もちろん植え替えもしないし、水やりも上からバシャバシャとシャワー状態
  • 蕾も開かず、全ての花が枯れてしまう

という、今思い出して書くだけでも、花と子供達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

水をあげていれば育つだろうという、育児放棄をしてました。

でもこの失敗があるからこそ、ちゃんと調べて、反省しました!

 

まとめ

母の日にもらった大事な贈り物、手をかければ毎年花を咲かせることもできます!
花も生きているので、どうぞ大切に育ててあげて下さい。