だるまの目入れを間違えたら縁起は悪い?だるまについて調べてみた!

 

今回のテーマは、だるまの目入れを間違えた場合です。

選挙の時によくみかける「だるまの目入れ」。

他には、「商売繁盛だるま」「事業繁栄だるま」

「合格祈願だるま」「福だるま」など、

さまざまな「だるま」があります。

 

このページでは、

「だるまの目入れを間違えたら縁起は悪い?だるまについて調べてみた!」

「だるまの目入れ!おすすめの順番」をお伝えします。

 

スポンサーリンク

だるまの目入れを間違えたら縁起は悪い?だるまについて調べてみた!

結論からになりますが、

だるまの目入れを間違えても問題はありません

だるまの目入れには正式なものはなく、

「願い事をしながら片目を書き入れる」

「願いが叶ったらもう片方の目を書き入れる」というのは、

あとから生まれた風習のようです。

 

昔は、だるまの目は両目とも入っていたそうです

だるまの目には魔除けの力があると言われ、

江戸時代に視力を失う病が流行ったころ、

大きな目のだるまが人気だったそうです。

その当時のだるまには、

黒々と両目が入っていたというお話があります。

お客さんの要望に応えるようになって、

お客さんの気にいるような目の形を書き込んでから、

販売するようになり、

お客さん自身に目を入れてもらうようになった

という歴史があるそうです。

 

願いが叶ってから、だるまに目を入れるというのは、

テレビの影響だとも言われています。

選挙で当選した議員さんが

筆で目を入れるに姿によって

イメージが定着したとも言われています。

 

だるま屋さんのお話では、

『本来は仏像と同じように神聖なものですから、

両目が入っていた方が何よりパワーが発揮される』ということらしく、

『飾る際も、初めから両目を入れておくのがおすすめです』

とのことでした。

 

だるまの目入れ!おすすめの順番

 

スポンサードリンク

 

正しい目入れの順番ということではなく、

願掛けのようにする場合の定説になっているお話をお届けします。

  1. 向かって右側の「左の眼」から入れる。
  2. 願いが叶ったら「右の眼」を入れる。

覚え方としては、「右に出る者はいない」ということから、

「座席の位置は左側が上位」とされるので、

「左の眼」が先という説があります。

意味としては、だるまの左目は「阿(あ)」、

右目は「吽(うん)」を表し、

阿吽の「阿」は物事の始まり、

「吽」は終わりを意味しているから、

「左の眼」が先という言い伝えもあります。

 

贈り物の場合は、贈る人が「左の眼」を入れて、

もらった人が「右の眼」を入れます。

贈り物のだるまには、次のようなものがあります。

  • 還暦祝いだるま
  • 古希祝いだるま
  • 喜寿祝いだるま
  • 傘寿祝いだるま
  • 米寿祝いだるま
  • 卒寿祝いだるま
  • 白寿祝いだるま
  • 百寿祝いだるま
  • 茶寿祝いだるま
  • 新築祝いだるま
  • 出産祝いだるま
  • 合格祈願だるま
  • 福だるま(開運)

 

まとめ

 

だるまの目入れを間違えても問題はありません。

昔のだるまの目は、両目とも入っていたそうです。

お客様の要望に応えるようになり、

現在のように「左の眼」から入れて、

願いが叶ったら「右の眼」を入れるようになったそうです。

意味としては、だるまの左目は「阿(あ)」、

右目は「吽(うん)」を表し、阿吽の「阿」は物事の始まり、

「吽」は終わりを意味しているから、

「左の眼」が先という言い伝えが定説になっています。