赤ちゃんがいつもテレビに近い!目に影響は?ガードや対策について

 

今回は、赤ちゃんがテレビに近いと目が悪くなるか?というお話です。

赤ちゃんはテレビが気になって、いつも画面のそばにいます。

ずっと顔を近づけているると、目が悪くなるのではないかと心配になりますよね。

 

このページでは、赤ちゃんの視力とテレビの関係についてまとめました。

お伝えする内容は、

「赤ちゃんがいつもテレビに近い!目に影響は?」

「赤ちゃんがいつもテレビに近い!ガードや対策について」です。

どうぞ、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

■ 赤ちゃんがいつもテレビに近い!目に影響は?

赤ちゃんは、ハイハイできるようになると、

テレビに近づきたがります。

つかまり立ちして、画面をじっと見ていることもあります。

しかし、赤ちゃんの視力は大人のように見えているわけではありません

赤ちゃんは、テレビの光や音などが気になって画面を見ているだけです。

近くに行こうとするのは、

視力が発達していないからだろうと言われています。

赤ちゃんは、0.4くらいの視力なんだそうです。

 

テレビと視力の関係については、

研究データーがあるわけではないようです。

どれだけの時間を見続けたら悪くなるなどは、

数字で示すことはできないというわけです。

 

視力が悪くなる原因は、

「毛様体筋が緊張状態を続けること」

「放射線・電磁波・紫外線の影響を受けること」だと言われています。

現代のテレビでは、特に紫外線に注意したいところです。

 

■ 赤ちゃんがいつもテレビに近い!ガードや対策について

 

スポンサードリンク

 

どれくらいの距離を取れば良いのか?

テレビメーカーが奨励しているのは、テレビ画面の高さの3倍です。

16:9の画面の場合で、距離を出しておきます。

26インチのテレビの場合

高さ:32.4cm

横幅:57.6cm

テレビから離れる距離:約1.0m

 

32インチのテレビの場合

高さ:39.9cm

横幅:70.8cm

テレビから離れる距離:約1.2m

 

42インチのテレビの場合

高さ:46.1cm

横幅:81.9cm

テレビから離れる距離:約1.4m

 

50インチのテレビの場合

高さ:62.3cm

横幅:110.7cm

テレビから離れる距離:約1.9m

テレビメーカーが奨励している内容で距離を出すと、このようになります。

 

赤ちゃんがテレビに近づかないようにガードするには、

どのような方法があるか?

育児中のママさんたちの書き込みなどを見ると、

ベビーサークルを利用するというケースが多いです。

 

赤ちゃんがテレビに近づかないようにする対策については、

「イスに座ってテレビを見る」を

赤ちゃんに覚えてもらう方法がおすすめです。

赤ちゃんのために、

座るのが面白くなるようなイスを用意してあげてください。

 

■ まとめ

今回は、赤ちゃんの視力とテレビの関係についてお伝えしました。

テレビと視力の関係については、データーがあるわけではないようです。

 

視力が悪くなる原因は、

「毛様体筋が緊張状態を続けること」

「放射線・電磁波・紫外線の影響を受けること」だと言われています。

テレビメーカーが奨励している内容で

テレビから離れる距離を出すと、

42インチのテレビ(高さ:46.1cm)(横幅:81.9cm)の場合で、

テレビから離れる距離は、約1.4mとなります。

画面の高さの3倍です。

 

赤ちゃんへの対策としては、

イスに座ってテレビを見ることを覚えさせてあげてください。

それでうまくいかない場合は、

ベビーサークルを利用する方法もあります。